東京11区 板橋区



2017/3/25  細分化した地域で3回目のタウンミーティング

「チェンジ国政!板橋の会」(https://www.facebook.com/changeitabashi/)に結集する板橋区北西部地域の区民を中心に、3月25日土曜日、「市民と野党の統一候補の 擁立をめざして 住民の集い」を開催しました。


「チェンジ国政!板橋の会」では昨年末以来過去3回に渡ってタウンミーティングを開 催してきましたが、この集いは会の認知度を高めるために、区の地域を細分化してよりきめ細かな情宣活動 を行うとともに、地域住民の間の濃密なコミュニケーションを図ることを目的としたものです。集会には、予定候補者である日本共産党の小堤 東さん、民進党の前田 順一郎さんをはじめ、地元選出の都議、区議の方々にも来ていただいて、総勢80名弱が参加して、彼の都連会長を務めるSを 打倒すべく、互いに熱い議論を交わしました。

このような地域毎の集会を持つことによって、運動が点から線へ、そして線から面へと 拡大していくことに期待しています。しかし…添付写真にある通り、参加者は、私を含めて高齢者の方々が大多数を占めていましたの で、若い人たちにもアピールするような活動をすることが、今後の大きな課題です。

 


2016/12/27 市民と野党の統一候補を!板橋平和大望年会を開催。 国政の革新!東京11区(板橋区)から。


12月27日に板橋区で画期的なイベントが開催されました。党派や思想を超えた100名以上の人々が集まっての「板橋平和大望年会」です。


昨秋の違法な強硬採決で成立した“戦争法”に象徴される安倍政権の力づくの国会運営。そうした暴走に危機感を抱く板橋区内の60団体以上の市民団体や組織や個人によって、昨秋に<許さない!戦争法 オール板橋行動>が結成され様々な運動を繰りひろげてきました。 


今回のイベントは、その<許さない!戦争法 オール板橋行動>実行委員会が企画したもので、今年11月に発足した<チェンジ国政!板橋の会>も賛同して開催されました。


この夜、参加した人びとは挨拶や歌や踊りや詩の朗読など様ざまな形で現政権に対する批判を表明。<チェンジ国政!板橋の会>も、安倍政権の暴走をSTOPさせる決意表明をさせて頂き、市民と野党が一丸となって衆院選を闘い抜くための連帯を確認し合いまし
た。
<許さない!戦争法 オール板橋行動>
https://www.facebook.com/allitabashi/
<チェンジ国政!板橋の会>
https://www.facebook.com/changeitabashi/?fref=ts

 

 


2016/11/7 来たる衆院選に向け「チェンジ国政!板橋の会」  結成!

東京11区の板橋区も、来る衆院選での市民と野党の共闘による統一候補擁立をめざした運動組織として「チェンジ国政!板橋の会」を立ち上げました。

11月7日に57名の呼びかけ人が集まる中で、この間の経過報告や行動提起が行った上で、参加者による活発な質疑討論が行われ、正式名称を「チェンジ国政!板橋の会」と決めるとともに、会の目的や組織体制、今後の運動方針についての確認を行いました。また、この会場には東京11区の予定候補者である民進党の前田順一郎氏と日本共産党の小堤東氏も駆けつけ、ともに市民と野党が共闘して衆院選を闘う旨の力強い決意表明も行われた他、各地域の呼びかけ人から活発な意見が寄せられ衆院選を闘う気運の盛り上がりを見せました。さらに10日には、第1回事務局会議を開催し、野党各党との政策協定に対する意見交換や今後の具体的な行動展開について討議を行いました。