【東京第7区】 渋谷区、中野区の一部、品川区の一部、目黒区の一部、杉並区の一部

「選挙で変える!しぶや・なかの市民連合」(通称しぶなか市民連合) の最新情報は下記を参照ください。https://twitter.com/shibunaka7   https://www.facebook.com/shibunakashiminrengo/


2018/6/11【区民の声・中野】区長選挙勝利のステートメント

 今回の中野区長選挙で、「区民の声・中野」が推薦し、政策協定を締結し、一緒に選挙戦を取り組んできた酒井直人氏が、現職の田中大輔氏を大差で破って当選しました。心から喜びあいたいと思います。

 

勝因は3つあります。

 1つめは、田中区政をもういい加減止めたいという多くの区民が、その思いを酒井さんに託しました。児童館全廃、区立保育園すべて民営化、区立幼稚園廃止、平和の森の樹木伐採などの一方で1万人アリーナ計画の開発を強引に進めようとしている。今回区長を替えなければまた4年間苦しむことになる、ここで区政を変えないと、中野は大変なことになる、多くの方々がそういう危機感をもって応援してくださいました。

 

 2つめは、幅広い区民が選挙に参加したということです。たとえば、子育てまっ最中のママさんたちとかつて子育てしてきたベテランお母さんたちは、ママさんたちが企画したビラを保育園前などで配布しました。緑とひろばの平和の森公園を守る会や中野区民ネットワークの方々はぞれぞれの課題を解決するために、団体として酒井さんを応援しました。幅広い世代が参加して区民の声・南部の会もできました。他にも様々な方々が多様な形で参加されました。このことが投票率を上げ、酒井さんの支持を広げる大きな力になりました。

 

3つめは、区民と野党と酒井さんの共同の取り組みが育まれたことです。もともと政策や考え方が違う人たちなので、最初はぎこちなかったのですが、不一致点は横へ置いて、一致点で一緒に行動していくなかで信頼関係が育まれていきました。野党共闘は幅広い区民が選挙に参加するプラットフォームになりました。これは今後にむけた大きな財産です。

中野を安心して子育てでき、ずっと暮らしていける街にしていく取り組みはスタートラインに立ったばかりです。これから乗り越えていかなければいけない壁はたくさんありますが、今回の選挙で育んできた野党共闘と幅広い区民が参加した共同の力をもっと広げて、前へ進んでいきたいと思います。

 

2018年6月11日 区民の声を聴く中野区政を実現させる会

 


2017/2/25 「しぶなか市民連合」キックオフ集会 大成功

「しぶなか市民連合」キックオフイベント、参加者なんと205名!大盛況でした!(写真に入り切らない)ものすごい熱気でした!

 

これから、渋谷・中野の東京7区での野党共闘の実現に向けて、野党統一候補の実現に向けて、これからみんなで力を合わせて頑張って行きましょう!

 

 写真は「1本化して勝利!」の記念写真です。左から三番目が7区の民進党候補者の長妻昭衆議院議員、その右が共産党候補者の谷川智行さんです。

 

「選挙で変える!渋谷・中野市民連合」(通称しぶなか市民連合)

https://twitter.com/shibunaka7

https://www.facebook.com/shibunakashiminrengo/

 

 


2016/12/28 7区選出の長妻昭民進党衆議院議員と顔合わせ

第7区の市民団体は2016年末現在、立ち上げ準備段階ですが、まずは顔合わせをしてきました。2016/12/28 長妻昭 民進党衆議院議員を議員会館に訪問しました。